カラコンを使う前に徹底して消毒を行う

カラコンを使い始める前に、本当にカラコンを使っていいかどうか、という点を確かめましょう。
まず、カラコンの使用の前に、眼科に行って相談を受けましたか。
そもそも、目に持病があったり、視力に不安があるような場合は、そもそもの使用を控えたほうが賢明です。

あくまでコンタクトレンズは目に異物を入れる行為ですから、もとある症状を悪化させてしまう可能性もあります。
コンタクトレンズが汚れていたり、手入れを怠ったりすると、それだけで重篤な目の病気を引き起こす可能性があることは常に認識しておきましょう。
医師との相談のうえで、コンタクトレンズを使用してもよいことがわかったら、次にカラコンのチェックをします。

購入したカラコンが手元に届いたら、すぐに開封してさっそくつけてみたくなるかと思います。
ですが、その前にカラコンの品質をチェックして、安心して使えるかどうかを確かめてください。
何をチェックするかというと、カラコンをよくよく観察してみて、傷があったりしないかどうかをチェックします。
もし、その時点で明らかに目立つ傷がある場合には、そのカラコンの装着は絶対に避けてください。

少しでも異物がある可能性が考えられるのであれば、目のことを考えて装着は避けるほかありません。
業者から購入したカラコンの場合には、傷があったと報告すれば返品に応じてもらえるでしょうし、新品と交換してくれるでしょう。

もし目立った傷がなかったとしても、それだけで安心して装着できるという理由にはなりません。
どんなに見た目清潔に見えようとも、いったん装着の前には徹底して消毒を行いましょう。
もちろん、ここで水道水など使っては絶対にNGです。
専用の液体を使って、入念に消毒をしてください。