裏表を確認してきちんと装着する

カラコンを使う前に、そもそもコンタクトの正しい使い方ってご存知でしょうか。
視力矯正のコンタクトレンズも、おしゃれ目的のカラコンも、どちらも目にレンズを入れる点では同じです。
目は非常にデリケートな器官ですから、正しい使い方を知っておかなければ、重大なトラブルを招く可能性もあります。

では、コンタクトレンズの正しい使い方とは、どのようなものでしょうか。
コンタクトレンズを使うときに最も気を付けなければならないのは、「つけ方」です。
メガネの場合には、目とは直接触れていませんが、コンタクトは角膜に直接触れさせることになります。
それだけで、目に異物が混入する危険性があるのは、誰でも重々承知の上かと思います。

装着をする前に、コンタクトをしっかりと消毒しておくことはもちろん必要です。
しかし、それ以上に自分の手も同じようにしっかりと洗って、消毒することが大切です。
コンタクトの消毒に集中するあまり、自分の手の消毒を忘れてしまうことがないようにしましょう。

手には目に見えないだけで、実は非常に多くの細菌が付着していますので、これが目に混入しては大変なことになります。
それだけで、炎症の原因になることもありますので、細心の注意を払いましょう。

また、コンタクトレンズを装着するときには手の爪を短く切っておきましょう。
なれないうちは、装着の際に爪でレンズを傷つけてしまったり、爪が目にあたって傷をつけてしまうこともあります。

それから、意外と間違えてしまうのがコンタクトの「裏表」です。
間違えないと思うかもしれませんが、薄く小さいものですから、装着前に気づかないうちに入れ替わっていることもあります。
どちらが裏で表か装着前にしっかりと確認して、慎重に装着しましょう。