トラブルの引き金になる前に眼科にご相談下さい

カラコンはあくまでおしゃれ目的のアイテムであり、視力を矯正するものではありません。

なので、医師に相談をせずとも、カラコンなら支障なく使えると思うかもしれません。
特にカラコンの場合、若い人に人気で、大型ディスカウントストアや、インターネット通販などでも気軽に購入することができるようになっています。

通販でも購入できるなら、別に眼科に相談なんてしなくても……と思って眼科を受診しないような人も、実際多いようです。
ですが、眼科を受診しないということは、自分がカラコンを使っていいかどうかがわからないだけではなく、カラコンについての正しい知識を得ることもできなくなります。
間違った使い方のままカラコンを使い続けてしまい、それが目の重篤なトラブルを引き起こす可能性もあります。

カラコンと一口にいっても、製品によってその特長はさまざまに異なります。
さらに、目の特徴も人によってさまざまですし、視力も異なれば、目の形も健康状態も同じということはありえません。
他の誰かが問題なく使えたとしても、その商品を自分が使ったときには、トラブルの引き金になることもあるかもしれないのです。

自分の目に合わないレンズを使っていると、異物感が強くなったり、目の形に合わずに傷つけてしまうことにもつながります。
相性の悪いレンズを使い続けることは、目のかすみ、充血、痛みなど様々な症状の原因になることを理解しておきましょう。
あくまで目を大事にしながらおしゃれを楽しむために、まずは自分の目の状態を眼科に診断してもらわなければなりません。
カラコンの使用をはじめてしばらく経ち、安定していると思っていても、定期的に眼科で診断を受けることもおすすめします。